Mのディナー 暖簾看板無しのお忍びの寿司屋 「まさる」

スポンサーリンク


隠れ家の中の隠れ家、知るひとぞ知る絶品良心的価格のお寿司屋さん「まさる」に行ってきました。
非常に不便な場所にありながらお店には暖簾も看板も何も無く、恐らく「一見さんお断り」では無いのでしょうが、知らなければ絶対にたどり着けないお店です。
同じ業界のN氏にこっそりと教えてもらって行くことが出来ました(^^

美しい白木のカウンター10席のみのこじんまりとしたお店では、物腰の柔らかい大将と若い板前の方が2名、一切の無駄口を話す事無く皆黙々と丁寧な仕事に専念しておられます。
お寿司だけではなく新鮮な魚介類の味を最大限にいかしたアテも数多く用意されていて、アテを数品お任せでいただいた後お寿司もお任せでいただくことにしました。

最初はアテからいただいたのですが、まず大きな画像は「まぐろのづけ」です!
江戸前の「づけ」ですが、このお店の大将は特に江戸前だけにこだわっているのではなく、今まで数多くのお店で修行してきてご自分が美味しいと思うものだけをお客さんにお出ししているのだそうです。
ですから丁寧な仕事がされた江戸前もあれば、ネタの質と鮮度を最大限にいかしたお寿司、独創的なアイデアが光るお寿司までレパートリーがとても広く、ここに来るあらゆるお客さんの心は魅了されっぱなしなのです(^^


20060916230305.jpg

お任せでお出しいただいたアテの「あん肝ポン酢」です。
ねっとりまったりしたあん肝とさっぱりとしたポン酢の相性はやはり抜群でした!


20060916230320.jpg

お刺身盛り合わせ
記憶を頼りに「中トロ、アジ、クエ、太刀魚、剣イカ、ウニ」です。
お寿司屋さんのお刺身盛り合わせほど楽しませていただけるものはありません。
これだけでお酒がグイグイ進みます(^^


20060916230421.jpg

生ビールも冷酒も何杯飲んだか分かりません(^^;


20060916230401.jpg

まながつおの味噌漬け焼き」です。
甘辛い濃厚な味噌の味がしっかりと染み込んだ身はもうたまりらなく美味しかったです!
これこそ最高の酒のアテだと思いました。


20060916230439.jpg

大将が「そろそろお寿司握りましょうか?それとももう少し食べられますか?」と聞いてこられたので、もう一品お任せでお願いしたらこの「鱧のスープ煮」が出てきました。
このスープ・・というかお出汁ですが、これがまた超繊細!
これぞ関西割烹の真髄だといわんばかりの素晴らしい味です。
鱧はもちろんプリプリで、梅干しを潰していただくとまた違った味が楽しめました(^^


20060916230710.jpg

ここからやっとお寿司に突入です!
どれもこれもあまりの美味しさに食べ過ぎてしまったので写真は4枚一組で編集しました(^^
お任せの場合はもちろん順番も計算され尽しているのだと思いますので、お出しいただいた順番どおりにご紹介します。
キスの昆布締め」 淡白な魚だからこそ昆布の旨味が染みわたります!
まぐろのづけ」 まぐろの味を最大限に引き出すこのづけは江戸前寿司のキング!
鯖づけ」 粒マスタードが意外性だけでなく鯖本来の旨味を引き出してくれました!
こはだ」 大阪では滅多に食べられないこのネタもしっかりと仕事がされていてなんとも言えず旨かったです!


20060916230727.jpg

さんま」 まさに旬の甘さと旨さ!
かます」 プリプリの食感に感動!
きんき」 ものすごく甘かった!
煮あわび」 これ最高!コリコリの食感を残しつつ柔らかく煮られたアワビは噛めば噛むほど旨味が溢れるほどに染み出てきました!


20060916230758.jpg

玉子焼きで小休止。
私はお寿司屋さんに行くと必ず「玉子をアテで」とお願いするのですが、このお店のアテの玉子焼きは「富久紗」と呼ばれ、たっぷりと具が入った出汁巻き玉子です!
これだけでいくらでも飲めてしまうほど美味しかったです!


20060916230829.jpg

車海老」 肉厚の海老は言うまでも無くプリップリ!
うに」 甘くて旨くて一瞬にしてとろけたウニは淡路産です!
うなぎ」 熱々の鰻が海苔に巻かれて最高に美味しかったです!
赤貝」 プリプリの巨大な赤貝は口に中でいつまでも踊っていました(^^


20060916230848.jpg

毛ガニ」 甘い身に絶品のミソが乗っていて言うことありません!
大とろ炙り」 これこそ本当にとろけました!焼き目の香ばしさが良かったです。
キャベツみょうが巻き」 シャキシャキとした食感がたまりません!
締めさば」 分厚い身には昆布のうまみが染み渡っていました。


20060916230903.jpg

生げそ」 もちもちのコリコリで噛めば噛むほどイカの濃厚な味が楽しめました!
とろ沢庵巻き」 とろけるとろとしっかりとした食感の沢庵とのハーモニーが良かったです!
芽ねぎ」 この大量のネギは抜群の風味と食感を楽しませてくれました(^^

最後の締めはこれ、何ていうのでしょうか?
御存じの方教えて下さい!
伊達巻の外側の巻いてないものです。
もっと言うと見た目はカステラのようですが、とてもしっとりとした食感であまり甘くなくお出汁がよく効いて白身魚の風味も満点で本当に美味しかったです!


20060916230956.jpg

日本橋の外れの外れの路地にあるお店には暖簾も看板も何もありません。


20060916231010.jpg

あるのはこの「まさる」という表札のみです。
これでは一見さんお断りではなくてもかなり入りにくいですよね(^^;
でも勇気を出して店内に一歩入ると、全くの別世界で最高のお寿司がいただけるのです!
しかも驚くほどリーズナブルな価格で!
私達以外のお客さんは皆常連さんばかりのようでしたが、大将の折り目正しいサービスははじめての方でも十分心から満足できるほどの居心地のの良い空間だったと思います(^^
何よりここがお寿司屋さんとは誰も思わないでしょう(^^



【まさる】

住所 : 大阪市浪速区下寺2-3-10 地図
電話 : 06-6649-7227
営業時間 : 17:00~1:00(日・祝~11:00)
土曜ランチ : ×
日曜ランチ : ×
定休日 : 水曜日

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする