Mのディナー 伝統の味がいただける名店の秋の特別すき焼きコース! 肥後橋 「日本料理 肥後橋ゆきや。」

スポンサーリンク

P2010624-1

肥後橋にある日本料理のお店「日本料理 肥後橋ゆきや。」に行きました。

私が大好きな北新地の割烹「北新地 湯木」の姉妹店で、日本屈指の名料亭「吉兆」の伝統を受け継いでおられるお店です。

こちらのお店では伝統の味をそのままに、夜は5000円~懐石料理が楽しめるということで、幅広い層から支持されているお店です。

今日はこの時期だけしかいただけない「秋の特別すき焼きコース」(12000円)をいただきました。

錦秋の彩りハ寸

塩雲丹煮こごり、湯木のこのわた、白和え、茶豆とたたみ鰯、ズワイカニ菊花あん、いくら出汁漬けの盛合せです!

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うぉぉぉ~~~、うま~~~い!!

全ての味付けがとても丁寧で高級感があり、思わず唸ってしまうほどで、酒飲みにはたもうまらない味わいですね~(^^

P2010613-1

シャンパン(゚Д゚)プハー!

P2010628

鳴門天然鯛 姿造り」(写真5人前)

豪快に盛り付けられたお造りです!

P2010632-1 P2010637-1

器も素晴らしいですね~!

P2010636-1

皮目がさっと湯引きされた「松皮造り」の鯛です!

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うぉぉぉ~~~、うま~~~い!!

肉厚の鯛は素晴らしい弾力で、噛めば甘さがジュワ~っと染み出てきます!

皮の心地よい食感も素晴らしいですね~!

P2010618-1

生ビール(゚Д゚)プハー!

P2010642-1

丹波栗赤飯

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うぉぉぉ~~~、うま~~~い!!

赤飯の風味と栗の風味が何と見事にマッチしているのでしょう!

P2010645-1

松茸フライ、銀杏、鳴門金時チップス、海老大葉揚げ

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うぉぉぉ~~~、うま~~~い!!

秋の風情を存分に楽しませていただけます!

P2010638-1

飛露喜特別純米(゚Д゚)プハー!

P2010661-1

天然鯛ちり鍋 自家製ちり酢と共に

とんでもなく肉厚にカットされた鯛は迫力満点!

P2010667-1

一人用鍋でぐつぐつ煮て・・・

P2010676-1

自家製ちり酢につけて・・・

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うぉぉぉ~~~、うま~~~い!!

ふわふわほっこりの鯛の身の甘みとちり酢のほのかな酸味と旨味が絶妙に絡んで、めちゃくちゃうま~い!

P2010644-1

戦勝政宗純米吟醸(゚Д゚)プハー!

P2010686-1

「宮崎産黒毛和牛と松茸のすき焼き」(写真5人前)

あまりにも美しいお肉と大量の松茸に圧倒されます!

P2010704-1

割り下に具材を入れて・・・

P2010713-1

グツグツ煮て・・・

P2010716-1

お肉を溶き玉子にくぐらせて・・・

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うぉぉぉ~~~、うま~~~い!!

やわらか~~いお肉に旨みたっぷりの割り下がしっかり染みて、卵のまろやかさがなじんで、もう最高に美味しいです!

松茸の風味も素晴らしく、素晴らしく贅沢な気分にさせていただけます!

P2010744-1

最後は土鍋炊きご飯です!

このシンプルさがイイですね!

そのまま食べても良し、すき焼きをぶっかけて食べても良し・・・

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うぉぉぉ~~~、うま~~~い!!

本当に幸せな気分にさせていただけます(^^

お腹いっぱい大・大・大満足!!

P2010611-1 P2010610-1

本日いただいた「秋の特別すき焼きコース」(12000円)や、5000円~用意されている懐石料理は要予約ですが、一品料理も用意されているので、使い勝手抜群のお店です。

P2010609-1

肥後橋駅からすぐの便利な立地のお店です。

伝統の味をお手軽な価格で味わえるこちらのお店、ほんの少しリッチな忘年会や新年会に使うと、全員が大満足されることでしょう(^^

《過去の日本料理肥後橋ゆきや。》

その1・・・牛すきやき小鍋膳(ランチ)

【日本料理 肥後橋ゆきや。】

住所 : 大阪市西区土佐堀1-2-10 山文ビルB1F 地図
電話 : 06-6441-1190 
営業時間 : 11:30~14:30(L.O13:30)、17:00~22:30(L.O21:30)
土曜ランチ : ○
日曜ランチ : ×
定休日 : 日・祝
客席 : 56席(お座敷8室、2~24名まで可能)
喫煙 : 終日可
駐車場 : 無(お店の周辺に有料パーキングあり)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする