Mのディナー  昭和にタイムスリップできる野毛の奇跡の居酒屋  神奈川県  「武蔵屋」

スポンサーリンク

P1130306-1.jpg

閉店しました

みなとみらいで会議が終了後は、毎年恒例の野毛散策です(^^
今日はずっとずっと行ってみたかった、野毛の奇跡の居酒屋といわれている名居酒屋「武蔵屋」に行きました。
野毛という、もう飲み屋だらけの地で、恐らく最も歴史のあるであろうお店で、その料理とシステムは昔のまま継承され続けているお店です。
火曜日、水曜日、金曜日の週に3日しか営業されていないうえに、いつ行っても常に満席&大行列ということで非常にハードルの高いお店なのですが、今日は何が何でもここに行くと決めていました(^^
会議がやや早めに終わったこともあり、このお店に着いたのがオープン10分前の16時50分。
そして・・・
目の前には信じられない光景が!
何と何と、かなり年配のおっちゃんばかりが約25人くらい行列しているじゃないですか!
こんな光景、見たことありません!
それにしても、この大行列があったからお店の場所が分かりましたが、看板も暖簾も何もない全く普通の家なので、誰もいなければ普通に前を通り過ぎていたでしょう(^^;
そして17時ちょうどにオープンして皆が続々と中へ入っていきますが、私はもう入れないのじゃないかと半分諦めて列に着いていくと・・・
何ともラッキーなことに、ぎりぎり私まで入ることができました!
私の後ろにも既に20人以上の人が並んでおられたので、とてもお気の毒ではありましたが・・・
ただ、入れたと言っても、テーブル席に当然のように相席です。
しかもその相席は、小さな4人掛けテーブルに3人組のお客さんが座っておられるところに、空いた1席に座らせていただくという、普通ではちょっと考えられないような相席です(^^;
でもこちらのお店ではそれは当たり前のようなのです。
大変恐縮して座らせていただいたのですが、その3人の方々は、こちらのお店に30年以上通われている大ベテランの大先輩方で、とても気さくで優しい方々で、このお店のことを色々と話して聞かせてくださいました!
良い方々で良かったです。
というか、このお店に通われる方々は、本当に良い方ばかりなのだと思います(^^


こちらのお店は皆が「おばちゃん」と呼ぶ、白髪の大女将さんを中心に、若い男性一人、若い女性3名で切り盛りされていて、料理は注文しなくても勝手に順番に出てきます。
玉ねぎの酢漬け」、「おから」、「鱈豆腐」、「納豆」、「漬物」という順番に5品が基本です。
そしてお酒は一人3杯までというルールがあり、この3杯のお酒もコースとして組み込まれています。
お酒は3杯までですが、ビールは最初に別注で聞いてくださいますし、料理も数品は追加注文できるように用意されているようです。
席に着くとすぐに提供されるのがこの「玉ねぎの酢漬け」です。
小さなお皿にほんの少しですが、これが昔からのスタイルなのでしょう(^^

甘酸っぱくてーフルーティでシャキシャキの歯ごたえが心地よくて(゚Д゚)ウマー!




P1130302-1.jpgP1130293-1.jpg

すぐにこの「おから」も到着します。

旨味がギュッと詰まって香ばしい風味でめっちゃ(゚Д゚)ウマー!

ビールを注文すると、「」も一緒に付いてきます(^^




P1130312-1.jpg

ビールを飲み終え、お酒を注文すると、店員の若いお兄さんがお酒が入ったやかんを持って来られ、かなり高い位置からコップの中に、滝が流れるかのごとく上からドボドボーっと注ぎ落としてくださいます!
そして表面張力がちょうど張るところでピタリ!
思わず拍手したくなる見事な手さばきです!
ひと肌の温度に温められたお酒は「櫻正宗」で、これがやや甘めの何とも言えない染みわたる味わいで(゚Д゚)ウマー!いのです(^^




P1130315-1.jpg

里芋
これは本来は別注の料理なのですが、「おばちゃんからのサービスです」ということでお出しいただきました!




P1130325-1.jpgP1130343-1.jpg

皮を指でつまむと、むにゅっと中からイモが出てきます。
これに塩をつけて食べたら・・・

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

あ~、しみじみ旨い!
あっという間にお酒がなくなって2杯目をいただきます。
こんなアテばかり食べていると、3杯なんてあっという間に飲みきってしまいそうです・・・
無制限で飲みたいところです(^^




P1130336-1.jpg

タラ豆腐
鱈と豆腐が一緒に煮込まれたもので、今日のような寒い日にはこれはたまりません!

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

お出汁がうま~い!
お酒があっという間に無くなります(^^;



P1130328-1.jpgP1130358-1.jpg

納豆
納豆を食べながら飲むのは初めてですが、これが意外にお酒によく合いました(^^

3杯目のお酒を入れてもらうと・・・




P1130362-1.jpg

3杯目に到達した合図でもあるお漬物が提供されて、コースは終了します。
お漬物を食べ終える頃、ふと、とても気持ちよくふわふわとしたほろ酔いの自分がいることに気が付きます。
そうです!
料理もお酒もこの量だからこそ美味しくて気持ちよく酔えるのです!
本当ならお酒を10杯くらい飲みたいところだと思いましたが、それではダメなことが良く分かりました(^^
毎回毎回飲む度に泥酔している自分が恥ずかしくなりました(^^;

これだけで全部で2900円でした!
ビール(大瓶)を注文しなければ、基本は2200円のコースだそうです。
素晴らしく良心的ですね~(^^




P1130291.jpg

全部食べたら長居せずにさっと席を立つのがカッコイイ飲み方です(^^
会計に向かうと、「これおばちゃんからです」と、何と何と、ほんの一口ですが、おちょこに入った4杯目のお酒をサービスでお出しくださいました!
何と粋なサービスなのでしょう(^^

昭和にタイムスリップしたような空間で、ゆる~い空気が流れる中、短い時間でしたが「これぞ昔の居酒屋」というものを体験させていただきました。
おばちゃんもお兄さんもお姉さんもみな本当にやさしい方々ばかりで、素晴らしいお店だと思います。
このお店に一度でも行くと、ハマりまくってまた行きたくなり、何十年も通い続けておられる人が多いのもよく分かります。
また機会があれば再訪したいお店です!



さあ、野毛でもう一軒、サクッと飲みに行こか~!





【武蔵屋】

住所 : 神奈川県横浜市中区野毛町3-133 地図
電話 : 045-231-0646
営業時間 : 火・水・金17:00~21:00
土曜ランチ : ×
日曜ランチ : ×
定休日 : 月・木・土・日・祝
客席 : カウンター5席、4人掛けテーブル×2、4人掛け座敷テーブル×2、2人掛け座敷テーブル×1
喫煙 : 終日可
駐車場 : 無

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする