Mのディナー 塩でいただく絶品とんかつ! 東京 「とん太」

スポンサーリンク
20060514082112.jpg

東京に来て絶対に食べなくてはならないものの一つに「とんかつ」があります。
とんかつなんて全国各地どこにでもあるものなのですが、ここ東京は老舗のとんかつ屋さんや老舗の洋食屋さんでとても質の高い素晴らしいとんかつが提供されています。
大阪ではここまでとんかつにこだわるお店はとても少ないのですが、東京には素晴らし過ぎるお店が多数あり、全て行くことが出来たら良いのですがそうもいきません。
そこで貴重な1件のお店を選ぶ基準として、お肉が美味しいというのは大前提なのですが、それを「」で食べられるとんかつ屋さんを探しました。
そこで浮かび上がったのが高田馬場にあるこの「とん太」です!

東京の極上とんかつは旨いのは旨いのですが、お値段も半端ではないお店が多いのですがこのお店は素晴らしいお肉であるにもかかわらず、とても良心的なお値段で最高のとんかつがいただける貴重なお店だと思います。
いただいたのはもちろんこのお店の最上のロース「特ロースかつ」です。
かなり大き目のとんかつはパン粉の色が薄めです。
ということは普通より低温の油で揚げられたというのが分かり、自動的にお肉がめちゃくちゃ柔らかいというのがこの色を見ただけですぐに分かります(^^


20060514082141.jpg

見てください、この美しい断面!
上部は透明感のある素晴らしい脂身、中ほどは半生のピンク色、下は絶妙に火が通っているという三相構造!
お肉の選択ももちろん重要ですが、この揚げ加減こそがとんかつの味に大きく影響するのです。
そういう意味ではどちらも完璧なこのお店は本当に素晴らしい!
そしてこの色なので衣のパン粉がサクッとなっていないのではないかとの不安は、一口いただいてすぐに払拭されました。
驚くほど軽い食感で衣はサックサクなのです!
一口目は何も付けずにそのままいただきましたが、ジューシーな肉汁が噛むほどにあふれ出てきてその甘味と旨みが混ざり合い何ともいえぬ至上の旨さ!
そして予想通り、というか予想をはるかに越える柔らかさ!
極上のヒレ肉を食べているのかと錯覚するほどの柔らかさです。
今まで私が食べていた「ロースとんかつ」の概念が根底から覆されたような気分に陥りました。


20060514082214.jpg

そしてこのお店の最大の醍醐味、お塩でいただきました!
ベトナム天日自然海塩」と「中国天日熟成ミネラル塩」の2種類が用意されています。
ベトナムの方は湿り気があって大きめの結晶、中国の方はさらっとしていて削って出すタイプだからかもしれませんが粒はかなり細かめです。
ほんの少しだけ、とんかつのお肉の断面につけていただきました・・・

旨すぎる~!

何もつけないときよりもさらにお肉の甘味が増しているではありませんか!
大体塩でとんかつを食べること自体が初めてなのに、こんなに完璧なものをいただいても良いのかと不安になる程素晴らしい味わいでした!


20060514082303.jpg

こちらは「中国のミネラル塩」です。
とても爽やかな辛さで、その辛さもすぐに消えてなくなるほどさっぱりしたものでした。


20060514082228.jpg

このような小さなすり鉢に胡麻も出していただけます!
この胡麻をするととても香ばしい香りが立ち込めて、この胡麻をつけて食べても美味しいようです。


20060514082313.jpg

結局これはとんかつには使わず、この中に辛口のウスターソースとケチャップを入れて混ぜ、ドレッシングのかかっていないキャベツをここに入れていただきました(^^


20060514082402.jpg

この「特ロースかつ」は定食(ご飯、漬物、味噌汁付き)だと1890円なのですが、とんかつのみの単品では210円引きの1680円になります。
仕事を終えてビールが飲みたかったので、ビールとともに単品でいただきました。
しかしこのビール、中瓶なのに735円もしました・・・
東京ではどこでもこんなものなのでしょうか?
こんな素晴らしいアテを前にいくらでも飲めそうでしたが、あまりの高さに2本で留めておきました(^^;


20060514082410.jpg

2種類の塩以外にも黒胡椒、七味唐辛子、マスタード、辛口ウスターソース、ケチャップ、醤油、胡麻とありとあらゆる調味料が用意されているので本当に色々な食べ方が楽しめます!
しかし私は全てを塩のみで食べてしまいました・・・


20060514082421.jpg

ちょっとした単品が用意されているのも嬉しいですね(^^


20060514082427.jpg

カウンター12席程度、小上がりの4人掛けテーブル2つというそれほど大きくないお店を、ご主人と女将さんのお二人が無駄口を聞かず黙々と仕事をこなしておられました。

閉店間際にお邪魔したにもかかわらずかなり繁盛していて、客層は若い方からご高齢の方まで本当に様々でしたが、みなここのとんかつを心から愛しています!という感じの方ばかりでした!
このお店に来て本当に良かったと心から思います!
大満足の極上をいただきました(^^



【とん太】

住所 : 豊島区高田3-17-8 地図
電話 : 03-3989-0296
営業時間 : 11:30~13:30(月~金)、18:00~21:00L.O
土曜ランチ : ×
日曜ランチ : ×
定休日 : 日・祝

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする