Mのディナー 超高級焼肉店 ホテルニューオータニ大阪 「叙々苑 游玄亭」



昨年12月にホテルニューオータニ大阪に出来た関西初出店となる超高級焼肉屋さん「叙々苑 游玄亭」に行ってきました。
こんなに高いお店にジバラでは到底行けませんし、もちろん接待で行ったのでもありません。
日頃からお世話になっている方が費用の大半を持っていただけるということだったので、申し訳なく思いながらもありがたく行かせていただきました(^^
高級感溢れるエントランスから店内に入るといきなりハープの生演奏でお迎えくださり、店内の雰囲気は異次元の世界にトリップしてしまったかのような錯覚に陥ります。
驚くべきことにこんなに高級なお店なのに満員御礼の満席なのです!
席に案内されてビビリながらメニューを見ると、黒毛和牛と豪州・米国産のお肉があるのですが、輸入物でも素晴らしいお値段です(^^;
せっかくなので全て黒毛和牛をいただくことにしました。
こちらは「特上ロース薄切り焼」です。
この上にまだ「特撰」というのがあったのですが、さすがに手が出ませんでしたのでこちらをいただきましたが、出てきたお肉を見てこちらで良かったと納得。
上から2番目でもこの霜の降りようなので、一番いいのはおそらく「真っ白」なお肉なのでしょう(^^
いくら美味しくても霜降りだらけの真っ白は一切れで十分という年齢に差し掛かっているので、適度に赤身があるほうが美味しくいただけるのです。

20070314063308.jpg

薄切りと言っても十分な厚みのあるお肉ですが、もちろん生でも食べられるお肉なのでほんの少し炙るだけでいただきました。
(゚Д゚)ウマー!
↑これを出すかどうか迷いました(旨くて当たり前なので)が、旨いものは旨いのでお許しを(^^
ほとんど生なのに噛まなくてもとろけてなくなり、気が付けば舌の上にお肉の旨味の余韻だけが漂っている、という感じです。
本来こちらはタレ焼きなのですが、お願いして塩焼きにしていただいたのでものすごくさっぱりとしていてお肉の味がしっかりと味わえました。

20070314063329.jpg

上ヒレ角切焼
(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!
私はいまだにステーキハウスでは「ロース」を選んでしまうのですが、こんなにジューシーでとろけそうなヒレがいただけるなら今後は「ヒレ派」に転身です(^^
とろけそうに柔らかいお肉からは止めどもなく肉汁が溢れ出てきました!
これでも上から2番目のお肉で、お値段も超一流なのですが、一番いいヒレ肉は何とこのお肉のほぼ倍のお値段がするのです!
一体どんなお肉なんでしょうね(^^

20070314063341.jpg

上ハラミ塩焼
こちらも(゚Д゚)ウマー!
ハラミ本来の旨味がたっぷりと詰まっていて柔らかくてとても美味しかったです!

20070314063446.jpg

チャプチェ
上品な味付けでとても丁寧に作られているのがわかります。
こういう一品料理も他の追随を許さないほどの素晴らしさなのですが、そのお値段もやっぱりすごいですね(^^;

20070314063516.jpg

なぜか「とこぶし」がありましたので注文しました。
コリコリの食感のとこぶしはチョジャンにつけていただきました。
焼肉屋さんでこういうものがいただけるというのが贅沢でいいですね~

20070314063528.jpg

カクテキ
これも素晴らしく丁寧で上品な味わいはいいのですが、目が飛び出そうなお値段です。
私にはこんな上品なキムチは似合いません(^^;

20070314063541.jpg

カルビクッパ
(゚Д゚)ウマー!
何から取ったお出汁かは分かりませんが、旨味が凝縮した味に少しピリ辛甘のコチジャンが良く合います。
具のカルビ肉がこれまたとろけそうに柔らかくてかなり美味しかったです!

20070314063623.jpg

アイスクリーム」はホワイトチョコに包まれていて、甘かったですが最後にとてもさっぱりいただきました。

20070314071826.jpg

メニューのほんの一部を御紹介します。
これは全て1人前のお値段でこれにサービス料と消費税がプラスされますので何も考えずに注文するととんでもないことになってしまうでしょう(^^
豪州産・米国産もきちんと表記されているのはとても良心的ではありますが、輸入物でこの価格とは本当に驚いてしまいます。

20070314063636.jpg

ジバラではなかなか来れるお店ではありませんし、仕事で使うこともあまりないでしょうからこのお店に行ったというだけでとても貴重な体験が出来たと思います。
このお肉にドリンクのも加わった金額は予想をはるかに上回るもので、このお値段に見合うだけの旨さと満足感があったかどうかと聞かれれば、それは肯定も否定も出来ません。
ただ庶民の発想ですが、頭の中で値段を考えながら食べるととても美味しく感じてしまうのは事実です(^^
そしてこの日常からかけ離れた別世界いるというだけで贅沢な気分が味わえるので、そういう意味での満足感は高いと思いました。
結論としてはまたまた庶民の考えですが、ここに1回行くのだったらここに3回行く方を選ぶと思います(^^

【叙々苑 游玄亭 ホテルニューオータニ大阪店】

住所 : 大阪市中央区城見1-4-1 地図
電話 : 06-6944-8989
営業時間 : 11:30~15:00、17:00~22:00
土曜ランチ : ○
日曜ランチ : ○
定休日 : 無

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次