Mのディナー このお店の進化はとどまるところを知りません(^^ 北新地 「Leone(レオーネ)」

スポンサーリンク


北新地にあるイタリア料理を中心とした絶品料理の数々が楽しめるお店「Leone(レオーネ)」でディナーをいただきました。
こちらのお店、以前は「Leone la Cucina Italiana(レオーネ ラ クッチーナ イタリアン)」という店名だったのですが、「イタリア」の枠にとらわれることなく、料理のジャンルを超えて、オリジナルな絶品料理が味わえるお店へと進化を続け、「Leone(レオーネ)」 という店名になりました。
今日は、久しぶりにそのお店の感動的な料理の数々が楽しめる「おまかせせコース」(10000円)を、「今岡頑張れK様」と「ゴルフ修行中S様」と一緒にいただいてきました(^^
鬼才オーナーシェフの吉川さんの独創的で斬新奇抜な料理の数々は、食べる度に驚きと感動を与えていただけます。
見たこともない初めての料理でも、食べてみると、「あ~なるほど!」とお値打ち素材の味わいが見事に引き立つように、創意工夫がなされているのが本当に素晴らしいと思います!

こちらはコースのメインの「佐賀牛ミスジの炭火焼」です。

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

高級なミスジ肉は、絶妙としか言いようのない火入れ加減、肉汁の甘みとソースの旨味が絡んで、もう最高です!



DSCF2551-2.jpg

コースの始まりはこだわりのハーブティーです。
非常に癒し効果のある味わいで、これから始まる絶叫するほど感動的なディナーの静かな始まりです(^^



DSCF2557-2.jpgDSCF2564-2.jpg


ジャンボマッシュルームの冷たいスープに隠れた洋梨と生ハム
名前だけでわくわくしてしまいますが、生ハムとともにいただくと・・・

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うま~~い!
全ての食材の味わいが独立して感じられるにもかかわらず、信じられないほど見事に融合しています!
これは旨すぎます!

あらゆるジャンルの数々の名店を食べ歩き、食べつくしておられる美食家の「今岡頑張れK様」いわく、「このお店の料理は全てが想像を絶します」、とんでもなくセレブな「ゴルフ修行中S様」いわく、「アーモンドが良い仕事をします」と解説されています(^^
美味しいものを食べつくされた方々でも、何度この店に来ても、その度に新たな感動を与えていただけるようです!



DSCF2568-3.jpg

バショウカジキを3種の調理法で
左から、「トロのタタキ」、「赤ワインに付け込んだ赤身のお寿司」、「自家製の燻製」です。
なんて贅沢なんでしょう!

トロのタタキは、濃厚な味わいでとろけます!

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!


燻製は香ばしさが何とも言えません!

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!



DSCF2575-2.jpgDSCF2554-3.jpg


赤身のお寿司のご飯は、レオーネオリジナルのサラダご飯です!
これがもうたまらなく・・・

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

たまりません!



DSCF2580-2.jpgDSCF2583-2.jpg

ライスペーパーにくるまれた活け渡り蟹。そのコンソメとコリアンダーの葉
なぜこんな発想が出来るのかが本当に不思議です(^^

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

渡り蟹の濃厚な旨味と風味が素晴らしい!



DSCF2581-2.jpgDSCF2587-3.jpg

自家製フォカッチャを残ったソースに浸していただきます・・・

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

旨いに決まってますね(^^



DSCF2594-4.jpg

さっと火を入れた鰆、お米のピューレと十六島海苔のソース。熱々の葱オイルをかけて。
ガラスのお皿に指紋が付かないように、手袋をはめて提供いただくという気の使いよう!
見た目にも本当に楽しめる一皿です!



DSCF2600-2.jpgDSCF2601-3.jpg

肉厚の鰆を割ってみると、これまた見事な火入れ加減です!

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

あ~、旨すぎ~~~!
本来は淡白な味の魚ですが、この十六島海苔のソースと葱オイルによって、白身の甘みが最大限に引き出されています!
この料理、本当にもうため息が出るほど美味しくいただきました(^^



DSCF2606-2.jpg

河内鴨のカルボナーラ仕立て
次から次に、お値打ち食材が出てきます(^^



DSCF2604-3.jpg

別皿で提供いただいた、このカルボナーラソースを河内鴨にかけていただくとのことで・・・



DSCF2607-3.jpg

一気にかけるとこれまた悩ましいルックスじゃないですか(^^



DSCF2621-2.jpgDSCF2645-2.jpg

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

な、な、なんじゃこら(゚Д゚)ウマー!

鴨肉に何故これほどまでにこのカルボナーラソースが合うのか不思議でなりませんが、もうそんなことはどうでもよくなるほど、旨いもんは旨いです(^^
カリカリに焼かれた皮の部分も最高です!
そして鴨肉の下には、ちゃんとパスタが隠れていて、本来のカルボナーラも楽しめるという、見事な演出です(^^



DSCF2623-3.jpgDSCF2629-2.jpg

イベリコ豚のカツサンド
こちらのお店ではもはや名物になった、ミニカツサンドですね(^^
中には高級なイベリコ豚がたっぷりサンドされています!

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

何個でも食べられそうです(^^



DSCF2635-3.jpg

フォアグラのアイスキャンディ
これを待ってました(^^
こちらのお店の、一万円のディナーコースのみで食べられるという、もはや幻の逸品です!

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

あ~、これ、何度食べても心底感動させていただけます!



DSCF2639-2.jpg

むっちりと仕上げた紀州のクエ。ドンコ椎茸のスープ仕立て

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

クエの身がプリップリ!
ついに、和の領域にまで!と思っていたら、和のようで和でないような、これもこのお店出なければ絶対に食べられない味わいでしょう!



DSCF2647-2.jpg

天然とんぶりのスパゲティ
天然とんぶりやしめじなどの具がたっぷりです!



DSCF2649-2.jpgDSCF2677-2.jpg

フォークにくるっと巻きつけて・・・

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

全ての具の旨味エキスがパスタにしっかりと絡んでいます!



DSCF2664-2.jpg

最後の〆は「河内鴨の御飯」です。
ご飯の中には河内鴨がたっぷりと隠れています!



DSCF2667-2.jpgDSCF2668-2.jpg

そしてそして、出ました!
吉川シェフの自信作の素晴らしくスパイシーな、「自家製ラー油」をこのご飯にかけていただきます!

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うますぎ~~~!
あまりの感動の連続に、もはや言葉が出てきません(^^



DSCF2673-3.jpgDSCF2681-2.jpg

マスカルポーネのジェラート、栗のソース

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

マスカルポーネの超濃厚な味わいに、ほのかに甘みが感じられるジェラーとが何とも言えず旨いです!
栗のソースは秋を感じさせてくれますね(^^


レモンシフォンケーキとカチョカバロのソテー、リンゴのスープ添え
何とまあ、チーズ好きの私の心を見透かしたかのような、このチーズデザート攻勢がたまりません(^^
もちろんお味は・・・

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

あまりにも素晴らしいです!



DSCF2684-2.jpgDSCF2552-2.jpg

最後に「セガフレッド社のエスプレッソ」をいただき、大・大・大満足!!



DSCF2547-2.jpg

今回も最初から最後まで心底感動させていただきました!
一万円のコースとなると、決して安くはありません。
でもこのお店の一万円のコースは、これだけのこだわり食材を使って、手間暇をかけたこだわりの調理法で、ここまで感動させていただけるのなら、むしろ安いくらいだと言ってもいいでしょう。
記念日なんかには最高の想い出になるでしょうし、大切な人にサプライズを与えたいときなんかには、もうここしかないでしょう(^^
基本的には、6000円と10000円のコースのみの設定ですが、遅めの時間帯には、「〆のパスタとワイン」や「〆のカツサンドとビール」などの使い方も出来るお店なので、是非一度、足を運んでみてください。
きっと素晴らしい感動を与えていただけると思います(^^

お正月には、何と何と「おせち」もご用意されるようです!
酔っぱらっていたので確かな記憶ではありませんが、3段で44000円・・・だったと思います。
それを聞くや否や、即座に予約されていた、超セレブの「ゴルフ修行中S様」の輝いた瞳だけはしっかりと記憶しております(^^
吉川シェフのおせちなんて、もはや想像もつきませんが、恐らく、お正月早々・・・・
いきなり度肝を抜かれるほどの感動をいただけそうですね(^^







《過去のLeone(レオーネ)》

その1
その2
その3
その4






【Leone(レオーネ)】

住所 : 大阪市北区堂島1-2-7 パーマーリーイン3F  地図
電話 : 06-6348-1151
営業時間 : 17:00~24:30(L.O)
土曜ランチ : ×
日曜ランチ : ×
定休日 : 日・祝
客席 : カウンター6席、テーブル8席
喫煙 : 17時~21時まで全席禁煙

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする