Mのディナー 完全隠れ家のゴージャスな空間でいただく絶品お肉料理! 中央区島之内 「肉料理 くま3」

スポンサーリンク

P1700006-1

中央区島之内にある肉懐石のお店「肉料理 くま3」でディナーをいただきました。

以前は「Japanese Cuisine QusQus」という、豪華な和洋会席料理がいただけるお店でしたが、業態変更をされて、お肉を上品に食べ尽くすコースがいただけるお店になりました!

以前のお店も店主寺田氏の抜群のセンスによる素晴らしい料理がいただけましたが、今回のお店ではそれをベースに、厳選された黒毛和牛を様々な調理法で楽しませていただけます!

夜のコースは、「くま3 本日の晩餐」(10800円、税サ込)と「Anniversary Dinner Course」(16200円、税サ込)の二つが用意されていて、今日は「くま3 本日の晩餐」(10800円、税サ込)をいただきました。

リブ芯と長芋 素麺仕立て  順菜と本返し

このような組み合わせは、もはや寺田氏のセンスでなければ創出できないメニューですね(^^

P1700011-1

リブ芯の極細切りと長芋の極細切りを本かえしに絡めていただきます・・・

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うぉぉぉ~~~、うま~~~い!!

サシがびっしり入ったお肉ですが、びっくりするほどさっぱりといただけるのが不思議です!

P1700003-1

生ビール(゚Д゚)プハー!

P1700020-1

白ずいきといちぼ肉のタタキ 葉山葵醤油漬け べったら漬け 梅肉和え

何と何と、これ一品でどれほど手間がかかっているのでしょう!

P1700027-1

いちぼ肉のたたきと白ずいき・・・

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うぉぉぉ~~~、うま~~~い!!

お肉の甘味が濃厚で、白ずいき、べったら漬け、梅肉の全てがそのお肉の甘味をさらに引き立てます!

歯ごたえも爽快で、食べること自体を楽しませていただける素晴らしい逸品です!

P1700034-1

近江牛 タンの30分昆布〆 すっぽん昆布と辛味大根

タンを昆布〆にするなんて!!

P1700044-1

辛味大根を巻いて食べると・・・

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うぉぉぉ~~~、うま~~~い!!

タンにとんでもないほどの昆布の旨味が移っていて、噛めば噛むほどタンの旨味と昆布の旨味が融合して、感動的な旨味が広がります!

辛味大根が味をキュッと引き締める絶妙の役割を果たします!

P1700022-1

生ビール(゚Д゚)プハー!

P1700046-1

松茸と牛ほほ肉 土瓶蒸し

土瓶蒸しにお肉?!

蓋を取ってみると・・・

P1700050-1

確かにサイコロ状にカットされた巨大なほほ肉が入っています!

P1700056-1

松茸とともにいただくと・・・

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うぉぉぉ~~~、うま~~~い!!

松茸の風味が効きまくりのお出汁に、お肉の甘い肉汁が溶けだして、ちょっと想像を絶する美味しさです!

お肉もめちゃくちゃ柔らかくて、あまりにも満足感が高すぎる土瓶蒸しです!

P1700065-1

和牛フィレ肉 くま3D

一口サイズのビフカツサンドに、提供いただく際、パンの表面に「くま3」といいう焼印を押してくださる演出が素敵です(^^

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うぉぉぉ~~~、うま~~~い!!

お肉が素晴らしく柔らかく、旨味とコクの深いデミグラスソース、ほのかなカレー風味のキャベツが絶妙過ぎるほどマッチします!

P1700069-1

フォアグラとレーズンのアイスキャンディ

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うぉぉぉ~~~うま~~~い!!

フォアグラの風味がほのかに効いた、冷たくて甘くてとても爽やかな味わいです! 

P1700083-1

トロタクご飯(いぶりがっこ)

ほんの少しのご飯の上にトロ肉といぶりがっこのみじん切りが敷き詰められています!

P1700099-1

スプーンでいただくと・・・

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うぉぉぉ~~~、うま~~~い!!

お肉の甘さ、いぶりがっこの旨味が絶妙過ぎるではないですか!

あまりに美味しくて、思わずこれを丼で食べたくなりました(^^

P1700102-1

〆張り鶴(゚Д゚)プハー!

P1700103-1 P1700105-1

おもむろに鉄なべが出てきたと思ったら、寺田氏が目の前でとんでもなく大きな美しいお肉を丁寧に薄切りにしています。

P1700107-1

生卵です!

これはもしや・・・・・・

P1700111-1

すき焼きじゃないですか!!

しかもお肉の上に乗っているのは、ふぐの白子です!!

何て贅沢なんでしょう!!

P1700116-1P1700118-1

和三盆と割り下を入れて、さっと焼いて、ふぐの白子をお肉で巻いて・・・

P1700123-1

近江牛サーロインと河豚白子のすき焼き 和三盆と割り下で

この見た目だけノックアウトされそうです(^^

P1700129-1

ふぐの白子の近江牛サーロイン巻きを溶き玉子にしっかり絡めて・・・

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うぉぉぉ~~~、な、な、何じゃこら(゚Д゚)ウマー!

とろけるほど柔らかいお肉の甘味に和三盆と割り下がしっかり絡み、まったり濃厚な白子とびっくりするほどマッチします!

このとんでもない旨さは、もはや反則技です(^^

P1700158-1

赤ワイン(゚Д゚)プハー!

P1700138-1

牛バラ肉と加茂茄子 湯葉の餡かけ

こんな和食が今まであったでしょうか?!

P1700148-1

お肉と湯葉あんあけを一緒にいただきます・・・

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うぉぉぉ~~~、うま~~~い!!

バラを使うにはそれなりに意味があるのでしょう!

なるほど、この味にはこの部位なのかと、感心させられます!

P1700179-1

近江牛フィレ肉炭焼ステーキ にんにくのたまり漬け 山わさび醤油漬け 天然塩

寺田氏が目の前で削ってくださった、削りたての鰹節も添えられています!

P1700175-1

美しすぎるお肉・・・

P1700184-1

かつお節とともにいただくと・・・

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うぉぉぉ~~~、うま~~~い!!

お肉が素晴らしく柔らかくてジューシーで、甘い肉汁にかつお節の旨味がめちゃくちゃ合うじゃないですか!

こんな食べ方初めてでしたが、目から鱗がボロボロこぼれ落ちました(^^

P1700205-1

最後のお食事は、「近江牛 漆黒カリー」、「牛しぐれ茶漬け」、「白ご飯(龍の瞳使用)赤出汁 お漬物」の3種より選べます。

何とお代わりも自由です!             

まずは、「近江牛 漆黒カリー」をいただきます・・・

P1700212-1

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うぉぉ~~~、うま~~~い!!

旨味とコクがあまりにも濃厚で、後からほのかなスパイスが香る、非常に完成度の高い欧風カレーです!

これ、ランチにガッツリ食べてみたいです(^^

P1700195-1

牛しぐれ茶漬け

サラサラサラ~っと食べると・・・

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うぉぉぉ~~~、うま~~~い!!

とてもさっぱり爽やかにいただけます!

P1700190-1

白ご飯(龍の瞳使用)赤出汁 お漬物

お値打ちの龍の瞳は大粒のお米です!

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うぉぉぉ~~、うま~~~い!!

お米がめちゃくちゃ甘~い!

やっぱり日本人は最後はこれが一番落ち着きますね(^^

P1700219-1

フルーツのカクテル シャンパンゼリー添

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うぉぉぉ~~~、うま~~~い!!

さっぱり爽やかでうま~い!

お腹いっぱい大・大・大・大満足!!

P1700221-1 P1700223-1

食後は2階の妖艶で高級感溢れるラウンジで、山崎ハイボールをゆったりといただきました(^^

P1690999-1

街中に突如とあらわれる、看板もない一体何なのかもわからない外観。

完全予約制なので、インターフォンで名前を告げると中から鍵を開けてくださいます。

隠れ家感とスペシャル感が満載のワクワクさせていただけるお店です。

店内はカウンター4席と、後は全て個室になっているので、ほんとにゆったりと美味しい食事を心から堪能させていただけます!

是非特別な日に、美味しいお肉を食べに行ってみてください!

【肉料理 くま3】

住所 : 大阪市中央区島之内2-14-1 地図
電話 : 06-6484-7277
営業時間 : 火~土18:00~23:00(L.O22:00)、日曜日12:00~15:00(完全予約制)
土曜ランチ : ×
日曜ランチ : ○
定休日 : 月曜日
客席 : 1階・18席(カウンター4席、個室3室)、2階サロン・ソファー席
喫煙 : 終日禁煙(2階のサロンは喫煙可)
駐車場 : 無(お店の周辺に有料パーキングあり)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする