Mのディナー 神山町 「暁」

スポンサーリンク
FI2507534_0E.jpg

前を通る度に猛烈に気になっていた鍋と鉄板焼きのお店「」に行ってきました。
一体誰がこのお店の外観から、こんなに素晴らしい料理が繰り出されることを想像できるでしょうか。
昭和に建てられたのであろうレトロな建物で、外観は一切飾り気なし。
昔のクリニックか何かの事務所の跡地のようにも見える何とも古臭い匂いのする外観なのです。
しかしこのような外観にもかかわらず、私には中から溢れ出す「オーラ」を常に感じていました。
そしてその「オーラ」が本物であった事を確信してきました(^^

「鍋・鉄板焼き」とお店の外に書いているくらいなので、これがメインの要するに居酒屋なのですが、厳選された素材といい、料理に対するこだわりは半端なものではありませんでした!
激辛の「赤鍋」をいただきたかったのですが、気温のせいでお鍋という気分にもなれず、旨そうな一品ものがたくさんあったので、一品をいろいろといただきました。

こちらは「大山餅豚煮の野菜添え」です。
とても味が濃厚なお肉は、それを損ねない程度の味付けで煮られていて、本当に絶品です!
甘辛いタレもとても美味しかったです!


FI2507534_1E.jpg

こちらは「ふわ卵」というもので、山のように盛られたキャベツ千切りの上に大山餅豚のスライス肉が乗せられ、その上からふわふわの卵をかぶせているものです。
お好み焼きとオムライスを混ぜたようなものでしょうか?
初めて食べた料理でしたが、キャベツのシャキシャキ感と柔らかいお肉、フワトロの卵がとてもよく合いビールが進みました(^^


FI2507534_2E.jpg

こちらは「海鮮焼」です。
エビ、ホタテ貝、イカ、タコが、こだわりのモンゴル産「天外天塩」で塩焼きにされたものです!
イカの分厚いこと!
もっちりとした食感がたまりません(^^
このままでももちろん旨いのですが、おろしポン酢につけて七味唐辛子を振っていただくとさらに旨さが倍増しました!


FI2507534_3E.jpg

こちらは「焼トマトチーズ」です。
トマトスライスの上に大量のチーズがとろけています!
火傷しそうなほど熱々のトマトととろけるチーズの相性は抜群ですね(^^
これもビールのすすむ一品でした!


FI2507534_4E.jpg

飲食店とは思えない扉を開けると、いきなりこのようなだだっ広い畳の間が現れます!
テーブルが8席程度のお店で、人の家にお邪魔していただいているという感じでした(^^

そして驚くべきことにこのお店、あっという間に満席になり、その後もお客さんが入ってくる入ってくる!
そのたびに店員さんが丁寧にお断りをしていましたが、みなとても悔しそうに帰っていかれました。
どうやら私が何も知らなかっただけのようで、すごい人気のお店のようでした!
他にも魅力的なメニューが目白押しのこのお店、本当に何度も足を運びたくなってしまいました(^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする