Mのディナー 素材の良さが光るこだわりの洋食屋 堺筋本町 「レストラン 艸葉(くさば)」 



閉店しました

堺筋本町に程近い場所でひっそりと営まれている洋食屋さん「レストラン艸葉(くさば)」でディナーをいただきました。
ひっそりとといってもこの地で洋食屋さんを初めて25年の老舗で、ランチタイムには毎日平均80人以上が訪れるという、この近辺で働く人々を中心に熱烈な支持を得ているお店です。
黒毛和牛のステーキとハンバーグが有名でもちろんすべていただきましたが、私が一番感動したのはこの「カキフライ」(1360円)です!
このお店のカキフライファンからはこの季節になると「カキフライはまだですか?いつからですか?」という問い合わせが絶えないのだそうです。
一度このお店でカキフライを食べると他では食べられなくなる、と皆さんおっしゃるとのことですが、それも分かるような気がするほ美味しかったです!
かなり大ぶりのカキフライが7~8個、その上には自家製のタルタルソースがたっぷりとかかっています。

20071101234819.jpg

(゚д゚)ウマー!(゚д゚)ウマー!(゚д゚)ウマー!

牡蠣本来の旨味がこれほどまで濃厚に、そしてダイレクトに伝わってくるカキフライはそうそうないでしょう!
このカキは的矢湾のものらしいのですが、その中でもこれは流通に乗らない最高級の牡蠣らしく、その仕入れルートを持っているので普通では絶対に食べられない牡蠣がこのお店では食べられるのだそうです!
今まで初めて体験する身の密度というか詰まり具合が本当に素晴らしく、食べごたえ満点のカキフライでした!
さらに自家製のタルタルソースはお箸でつまんで食べられるほど玉ねぎがたっぷりで、さっぱりとした酸味がカキフライの濃厚な味とうまく融合していました。

20071102000616.jpg20071102000634.jpg

ヒレステーキ」(150g、4200円)はメニューには「松阪牛」と書かれていましたが、今は松阪牛ではなく国産黒毛和牛らしいです。
「今はもう松阪牛ではありません。本物の松阪牛は今は激減し、その値段では絶対に無理なのです。」とあっさり教えてくれました。
産地偽装全盛の時代、世の中にはいくらでもごまかしている業者やお店があるそうですが、こちらでは違うものは違うとはっきり言えるのが潔いですね。
それでもこのステーキは国産の全牛肉の2%しかない最高級黒毛和牛を使用しているそうで、味には絶対の自信を持っているようです。
ミディアムの焼き加減のステーキに塩をつけて・・・
(゚д゚)ウマー!(゚д゚)ウマー!
自信満々のお肉はさすがに素晴らしく柔らかく、そしてジューシーな肉汁がものすご~く旨かったです!

20071102000732.jpg20071102000750.jpg

名物の「ハンバーグステーキ」(1050円)は大きくて迫力満点で、食感は非常に柔らかくふわっとしています。
お肉の旨味がたっぷり詰まって(゚д゚)ウマー!
デミグラスソースもこれを仕込むのに30時間かかるそうで、最高の素材を使ってそれだけ手間暇かけると素晴らしいものが出来て当然ですね(^^

20071102000830.jpg20071102000851.jpg

このメニューはランチタイムは全て同じお値段でライスと赤出汁が付くそうで、やっぱり一番人気はハンバーグだそうです。
店内は歴史を感じるちょっと古びた内装ではありますが、ゆったりとした空気の流れる落ち着いた空間を、ご高齢の御兄弟お二人で切り盛りされています。
素材選びに一切妥協しないからこそいつ行っても最高のものが食べられるのでしょうね!
芸能人のお客さんが多いというのも納得です。

【レストラン 艸葉(くさば)】

住所 : 大阪市中央区北久宝寺町1-4-12 地図
電話 : 06-6261-9040
営業時間 :  11:30~14:30、17:00~20:30
土曜ランチ : ○
日曜ランチ : ×
定休日 : 日・祝

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次