スポンサーリンク

Mのディナー 圧倒的な発想力と創造力で驚きの連続でした! 北新地 「Leone la Cucina Italiana(レオーネ ラ クッチーナ イタリアン)」



北新地にあるイタリア料理のお店「Leone la Cucina Italiana(レオーネ ラ クッチーナ イタリアン) 」で、感動まみれの素晴らしいディナーをいただきました!

いつも大変お世話になっている超美食家のS様一押しのお店で、今日はそのS様に連れて行っていただき、心底から感動をさせていただきました。
こちらのお店では6000円からコースが用意されているのですが、天才オーナーシェフの方から繰り出される創造力あふれる料理を堪能するには、1万円のコースが良いとのことで、今日は1万円コースです!

まず最初の写真は、コースの終盤でお出しいただいた、メインディッシュ「佐賀牛イチボの低温ロースト」です。
繊細な赤身肉をいただくには最適とされる、低温ローストという調理法を用いられています。
お肉の上には天然の山山葵、お肉の下には天然のクレソンが敷き詰められ、それらの素晴らしい風味がお肉の旨さを引き立てます!

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

これは旨い!
噛めば噛むほど、じわっとお肉の旨みが染み出てきます!
これはお肉好きにはたまらない逸品です!



DSCF9896-1.jpgDSCF9893-1.jpg

順番が後先になりましたが、こちらが最初にご提供いただいたアミューズです。
ポルチニ茸のサブレ」と「ポルチニ茸とリコッダチーズのディップ」です。
サブレにディップを乗せていただきます・・・

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

口の中いっぱいに広がるポルチニ茸の風味が何とも言えず素晴らしい!



DSCF9902-1.jpgDSCF9903-1.jpg

続いてこちらは、「気仙沼のふかひれ」にコンソメ風味のネギのソースがかけられたものです。
調理方法をご説明いただきましたが、難しくてしっかり記憶しておりませんが、とにかくこれ・・・

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

イタリアンというカテゴリーの枠を超えたこの素晴らしい料理に心から感動です!



DSCF9908-1.jpgDSCF9897-1.jpg

こちらは「毛ガニと水牛とモッツァレラチーズのラビオリ」です。

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

色々な味がして、そのすべてが絶妙に絡み合って、もうめちゃくちゃ旨いです!
上品で爽やかなスープがこれまた素晴らしい!

自家製フォカッチャもとても美味しいです!



DSCF9916-1.jpgDSCF9910-1.jpg

赤海老のティカ
何とこちらのシェフは、インド料理にも非常に造詣が深いそうで、このようなイタリアンの枠を超えた料理も楽しませていただけます。
ヨーグルト風味のソースにつけて・・・

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

海老にまぶされたスパイスとヨーグルト風味のソースのコラボは最高です!



DSCF9925-1.jpgDSCF9928-1.jpg

丹波栗煮
様々なジャンルの調理法や食材を用いられるシェフの料理は、料理名が分かりませんが、とにかくこの発想も凄いです!

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

栗の上の抹茶昆布と下のインカの目覚めのピレーが栗の旨みを引き立てます!



DSCF9931-2.jpg

そしてびっくりしたのがコレ!!
生キャラメルではありません(^^
これは・・・

フォアグラのアイスキャンディー」というものです!

包み紙をはがして一口でいただきます・・・

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

な、な、なんじゃこら(゚Д゚)ウマー!

こ、こんな味覚、感覚・・・
まるで今まで体験したことがありません!
全身に衝撃が走るほどの感動です!
味は素晴らしく濃厚なフォアグラそのものですが、それがとても冷たいのです!
冷たいフォアグラです!
その冷たいフォアグラが、舌の温度でジワリと溶けながら、口の中いっぱいに旨味と甘みが広がります!
何故こんな発想ができるのでしょう!
こればかり10個くらい食べたかった程です。
これ、通販か何かで買えるようにならないかな・・・
冷凍庫に常に100個くらい入れておいて、毎晩、晩酌でブランデーとともに食べることができたら幸せでしょうね~(^^

ちなみにこのフォアグラのアイスキャンディーは、こちらのお店では1万円のコースのみに、一人に一つ付いているとのことです。
本当にお値打ちなコースです!



DSCF9934.jpg

ミントティー

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

単にミントだけでなく、様々なハーブが配合されていて、素晴らしく爽やかな風味です!
先ほどのフォアグラのアイスキャンディーでややこってりした口の中が、このミントティーによってリセットされ、次の繊細な料理につなげていただけます。



DSCF9937-1.jpg

サワラのポシェ
ポシェとは茹でるという意味らしいのですが、これ・・・

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

な、なんですか?この食感?
こんなに柔らかくふわふわの魚の白身、今まで食べたことがありません!
淡白なお魚に、アンチョビやオリーブオイルなどで作られた濃厚なソースが良く合います。
さらにこれが信じられないほど、カキと良く合います!
何故こんな組み合わせが思いつくのでしょう(^^



DSCF9944-1.jpgDSCF9993-1.jpg

新サトイモとカラスミのコロッケ、ひとかぶ舞茸添え

次から次へと、新ジャンルの料理が出てきます!

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

もっちり濃厚な里芋とカラスミの絶妙コラボは、もはやため息が出るほど美味しかったです!



DSCF9953-1.jpgDSCF9955-2.jpg

アワビ、あわび茸、なんとか貝(失念)のバベッティーニ
リングイネよりやや細めのパスタです。

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

プリプリの食感のパスタに、貝から出る旨み、あわび茸の風味がしっかり絡んで、めちゃくちゃ旨い!



DSCF9965-1.jpgDSCF9957-1.jpg

トップ画像のメインディッシュです。
今日はS様とっておきのワインまで飲ませていただきました!

感動!!



DSCF9966-1.jpg

いくらのリゾット
こちらのイクラは筋子から作った自家製だそうです!

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

ご飯の芯の残り方が絶妙です!
唸るほど旨い味付けも最高です!
イタリアン」のようで、「」のようで、どちらでもないようで・・・
本当にあらゆるジャンルを超越しています!



DSCF9971-1.jpgDSCF9978-1.jpg

もうかなりお腹がいっぱいだったのですが、S様が「ここのパスタは本当に美味しいので是非ペペロンチーノを食べてください」とお薦めいただき、もう一品いただいてしまいました(^^

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

え?え?
何これ?
これも本当に本当に驚きました!
上にかかっている粉末は、何と何と、生節から作ったという「魚粉」です!
これがめっちゃくちゃ旨い!
ガーリックの風味にこの魚粉!!
食べているうちに、これがパスタではなく最近はやりの豚骨魚介つけ麺を食べているような錯覚に襲われました!
もう完全にやられてしまいました(^^

ちなみにこちらは1万円のコースとは別に追加注文したものです。



DSCF9988-1.jpg

デザートは「かぼちゃのプリン」と「マスカルポーネのジェラート」です。

アカシヤハチミツのソースに素晴らしくマッチして(゚Д゚)ウマー!


大大大満足!!!



DSCF9891.jpgDSCF9886.jpg

北新地のビルの3階にあるこのお店、まるで隠れ家のようではありますが、何ととんでもなく人気があり、店内は予約のお客様だけで満席です!
分かりにくい場所にありながら、ほとんど宣伝もせずにこの人気はすごいですね!
恥ずかしながら、こんなに素晴らしいお店があることを私は全く知りませんでした(^^;
これだけ感動を与えていただけるお店なので、一度行くとほぼすべての方がリピートするのだと思います。
1万円のコースというのは決して安いものではありません。
でも、これほど感動を与えていただける事を考えると、これは安いくらいだと言ってもいいでしょう!

シェフの方と少しお話させていただいたのですが、今は店名に「イタリアン」とつけているが、いずれはそれを外して「レオーネ」というお店にしたい、とのことです。
今後はイタリアンというジャンルにとらわれることのない、独自の路線を歩んでいかれることでしょう。
このお店は、いずれは北新地を代表するレストランになるような予感です。
遅い時間帯は予約なしでも入れるようですが、19時台、20時台に行かれる際は、必ず予約をしてから行ってください。
カウンターの椅子はカップル仕様になっているので、何かの記念日には超お薦めです(^^






【Leone la Cucina Italiana(レオーネ ラ クッチーナ イタリアン)】

住所 : 大阪市北区堂島1-2-7 パーマーリーイン3F  地図
電話 : 06-6348-1151
営業時間 : 17:00~24:30(L.O)
土曜ランチ : ×
日曜ランチ : ×
定休日 : 日・祝
客席 : カウンター6席、テーブル8席
喫煙 : 終日可

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする