Mのディナー 一日にたった二組だけが本物の旬を心から愉しませていただけます!   京都市中京区  「竹屋町 三多」

P1670024-1.jpg

京都市中京区にある割烹「竹屋町 三多」でディナーをいただきました。
前回(2013年2月22日)初めてお伺いさせていただき、厳選素材の素晴らしさ、素材を生かす技法、ご主人と奥様の温かいおもてなしなど、全てにおいて心から感動させていただいたお店です。
全てのお客様に心から満足をしていただくため、目の前のお客様に全力で集中するため、一日に2組しか予約を受け付けておられないので、予約を取るのがとても困難なお店です。
今日はこちらのお店に行きつけの、大阪でいつも大変お世話になっている超美食家のM氏がずっとずっと前に予約をされていたところにご一緒させていただきました。
メニューはおまかせコース(19000円)のみで、前回は真冬の旬を楽しませていただきましたが、今日は真夏の旬のそのあまりにも素晴らしい料理の数々に、本当に心底感動させていただきました!

淡路島由良産天然赤うにの冷製茶碗蒸し
まさに今が旬の由良産の赤ウニがこれでもかとたっぷり乗って、あまりにも贅沢です!

P1670029-1.jpg

非常に大きな粒のウニです!

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うぉぉぉ~~~、うま~~~い!!
ただでさえ甘いウニが、絶妙なお出汁の加減で、その甘さがさらに強く引き出されています!
これほどの甘味と旨味が濃厚であるにもかかわらず、冷たくて後口がとてもさっぱりとして清涼感に溢れています!

前回(2013年2月22日)お伺いさせていただいたのは、真冬のとても寒い日でしたが、一品目は冷えた体をほっこり温めていただけるお料理からのスタートでした。
今日は、汗だくになるほどの暑い中、お店に着いて最初にお出しいただいたのがこの冷た~い清涼感ある一品です。
寒い中、暑い中、わざわざお越しいただいたお客様に対する感謝と敬意を込めてのおもてなしに、いきなり心から感動させていただきました!

P1670017-1.jpg

シャンパン(゚Д゚)プハー!

P1670031-1.jpg

ハモの子の煮こごり」、「新ぎんなん」、「石川県能登産天然黒もずく
さりげなく、名残と走りを一度に愉しませていただけます!

P1670033-1.jpg

ハモの子の煮こごり

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うぉぉぉ~~~、うま~~~い!!
プチプチと音が鳴るほど張りのある子には、上品で非常に高級感あるお出汁がしっかり染みていて、思わず唸ってしまいます!

P1670034-1.jpg

新ぎんなん
丁寧に炒られて殻から外された銀杏には軽く塩がふられています。
この色の青さが、まだまだ残暑がきつい夏でありながら、確実に初秋に向かっていることを告げてくれているようです。

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うぉぉぉ~~~、うま~~~い!!
ホックホクの食感で苦みがほとんど感じられず、ほのかな甘みがひろがる素晴らしい味わいです!

P1670036-1.jpg

石川県能登産天然黒もずく
とろろとともにいただくと・・・

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うぉぉ~~~、うま~~~い!!
しっかりした太さのあるもずくは、歯ごたえが爽快で、甘酢の加減も絶妙です!

P1670039-1.jpg

天然真鯛のお刺身
ご主人が、「これは秋の鯛です」と教えてくださったのですが、食べてみてその意味が分かります。

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うぉぉぉ~~~、うま~~~い!!
それほど跳ね返しの強くない身は、噛めば噛むほど止めどもなく湧き上がってくる旨味と甘みが凄いです!
思わず熟成させているのかと思ったほどですが、一切熟成させていない、締めたばかりの超新鮮なものだそうです。
まさに秋の鯛は、生きている状態で熟成しているのです!

P1670049-1.jpg

山間(゚Д゚)プハー!

P1670060-1.jpg

淡路島産天然鬼アジ
天然の釣りアジの中でも、巨大に成長したものを鬼アジと言うそうで、淡路島産のタマネギのみじん切り、あさつきなどが添えられていて、醤油を少しかけて・・・

P1670063-1.jpg

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うぉぉぉ~~~、うま~~~い!!
このアジのとんでもなく濃厚な旨味は一体何なんでしょう?!
こんな旨味が効きまくったお刺身自体、今まで初めてかもしれません!

P1670067-1.jpg

素晴らしく巨大なあわびが出てきました!
今日のお客さんは合計6名で、6名でこの巨大なあわびを2個分を調理してくださるそうです!

P1670070-1.jpg

カウンターの目の前で、ご主人の見事な包丁さばきが楽しませていただけます。

P1670077-1.jpg

あわびとハマグリのお椀
大量のあわびが入った豪華すぎるお椀です!
ハマグリの姿が見当たりませんが、ハマグリは数十個使われているらしいのですが、何と何とハマグリはお出汁を取るためだけに使われているのだそうです!
なんという贅沢なのでしょう!!

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うぉぉぉ~~~、うま~~~い!!
このお出汁の色からも想像はつきますが、さらにその想像の上を行くハマグリの旨味が凝縮しまくったお出汁に感動です!
さらに柔らか~いあわびの食感も素晴らしい!

P1670053-1.jpg

火いら寿(゚Д゚)プハー!

P1670080-1.jpgP1670082-1.jpg

ご主人のハモの骨切りショーの開幕です!
今日のハモは韓国産の650gもある巨大なハモだそうです!
そのハモを炭火で丁寧に丁寧に焼いてくださいます!

P1670086-1.jpg

皮目だけを焼いて、身はレアな状態です!
まずは塩のみで食べてみると・・・

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うぉぉぉ~~~、うま~~~い!!
これ、本当に身は焼いてないの?と思ってしまうほど、ふわっふわの食感です!
いかに骨切が見事かということですね!
淡白なはずのハモからこれほどの甘味が楽しめるのも素晴らしいです!

P1670088-1.jpg

勝駒(゚Д゚)プハー!

P1670091-1.jpg

一皿目を丁度食べ終える頃に、二皿目のハモが提供されます。

P1670095-1.jpg

今度はわさび醤油で・・・

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うぉぉぉ~~~、うま~~~い!!
やはりふわふわの身に、すりおろしたばかりの山葵の風味がよく立って、またまた違った甘味が楽しめます!

P1670100-1.jpg

とうもろこしと汲み上げ湯葉の冷製スープ
見た目にもとても爽やかです!

P1670106-1.jpg

とろみのあるスープ・・・

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うぉぉぉ~~~、うま~~~い!!
とうもろこしの甘味と湯葉の旨味を上品なお出汁が見事にまとめ上げています!
これほど和出汁がとうもろこしに合うなんてびっくりです!

P1670109-1.jpg

大根のかき氷と剣先イカ
白いのは大根のかき氷だそうです!

P1670118-1.jpg

大根かき氷の下には、出汁醤油に絡んだ剣先イカが隠れていて、一緒にいただくと・・・

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うぉぉぉ~~~、うま~~~い!!
キ~ンと冷たくて甘いシャリシャリの大根と剣先イカが抜群にマッチします!
とても美味しくて、そして心地良い清涼感を与えていただける逸品です!

P1670111-1.jpg

松の司(゚Д゚)プハー!

P1670124-1.jpg

アコウダイと加茂茄子の白味噌和え
ものすご~く肉厚のアコウダイは軽く素揚げにされています!

P1670143-1.jpg

アコウダイと賀茂茄子をトロトロの白味噌のお出汁にしっかり絡めて・・・

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うぉぉぉ~~~、うま~~~い!!
プリッとした食感のアコウダイに茄子の甘味、旨味と甘みが濃厚な白味噌が絶妙過ぎるほどマッチします!

P1670136-1.jpgP1670148-1.jpg

ご主人がカウンター前の焼き場で、巨大な鰻を焼かれています!
何と、岡山県産の天然鰻です!
こんなに大きくて肉厚の天然鰻が食べられるなんて、感激です!
丁寧に何度もタレを付けながら炭火で焼かれていて、その煙の匂いがあまりにも香ばしく、もう我慢できなくなって・・・

プレミアムモルツ(゚Д゚)プハー!

鰻にはやっぱりビールでしょう(^^
この鰻、どのように食べさせていただけるのか、ワクワクしながら待っていたら・・・

P1670150-1.jpg

うざく」となって登場しました!
大好物のうざく、これはもう嬉しすぎるではありませんか!

P1670153-1.jpg

肉厚の鰻・・・

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うぉぉぉ~~~、うま~~~い!!
表面がパリッパリで素晴らしく香ばしく、中の身はふっくらしてとても甘~~い!!
あ~~、鰻好きにはこれは本当にたまりません!

P1670160-1.jpg

釜で炊き立ての炊き込みご飯をご主人が取り分けてくださいます。

P1670164-1.jpg

カレイと夏ゴボウのご飯

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うぉぉぉ~~~、うま~~~い!!
ふっくらしたご飯はとても上品な風味で、噛めば噛むほどカレイの甘味とゴボウの風味がじわ~っと広がってしみじみ旨いです!

P1670171-1.jpg

桃に桃
桃に桃のゼリーがかけられた、これまた贅沢すぎるデザートです!

(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

うぉぉぉ~~~、うま~~~い!!
桃を心から堪能させていただけます!

P1670174-1.jpg

最後に温かいお茶をいただき・・・

お腹いっぱい大・大・大・大満足!!

P1670016-1.jpg

最初から最後まで、本当に心からの感動を与えていただける、素晴らしすぎるお店です!
料理の美味しさは言うまでもなく、ご主人の三多さんと奥様の心温まるおもてなしが本当に身に沁みます!
びっくりするほど先まで予約がびっしり入っているようですが、季節ごとに、行く度にまた新たな感動を与えていただけるお店なので、年に数回の贅沢として、かなり先の予約を待つというのもイイですね(^^

《過去の竹屋町三多》

その1・・・2013年2月22日

【竹屋町 三多】

住所 : 京都市中京区久遠院前町667-1 地図
電話 : 075-231-3556
営業時間 : 17:00~21:00
土曜ランチ : ×
日曜ランチ : ×
定休日 : 無
客席 : カウンター6席、2階座敷
喫煙 : 終日禁煙
駐車場 : 無(お店の周辺に有料パーキングあり)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次